開発環境

基本はVisual Studio 2005 Pro SP1で、C++/Win32で進めていきます。
フリーで開発できる環境って、あるのかしら?


まず、Visual Studio 2005 Pro SP1は既にインストールされている前提。

Windows MobileのSDKを入れる前に、まず、「.NET Compact Framework」と「Active Sync」が入っている必要があるらしい。
XPなので「Active Sync」だけど、Vista以降なら「Device Center」なのかな?

.NET Compact Framework 2.0 Service Pack 2を落としてきてインストール。

あと、Hybrid W-ZERO3では、Active Syncは4.5が必要らしいんだけど、なぜか日本語版がDL出来ない。
なので、英語版のActive Sync4.5を落としてきてインストール。

そして、Windows Mobile 6 SDKのProfessionalの方を落としてきてインストール。

あとは、デバッグにエミュレータが必要なんだけども、日本語版のエミュレータを使用するために、Windows Mobile 6 Localized Emulator ImagesのProfessional(JPN)を落としてきてインストール。

Active Sync

PCと同期するためのソフトですね。
Active Syncは、普通にソフトをインストールするのにも使うので、Windows Mobile Phone持ちの人は入れてますよね。

.NET Compact Framework

これは、WinCE用の.NET Frameworkなのかな。
ネイティブで動かすならいらないような気がします。
これをインストールした後、Hybrid W-ZERO3をUSBで繋いだら、Hybrid W-ZERO3にもインストールするか聞かれたけど、ネイティブで作るので入れませんでした。

VBやC#で組んでCLRで動かすような場合には必要なんですかね。

Windows Mobile 6 SDK

本来、Hybrid W-ZERO3はWindows Mobile 6.5 Professionalベースなので、6.5を入れる必要があるのですが、6.5はSDK(Softoware Development Kit)ではなくDTK(Developer Tool Kit)という形で配布されているようです。
要は、6のSDKに、6.5の追加の機能分を別に入れる感じでしょうか。

とはいえ、基本の機能は6で事足りるので、よっぽど特殊なことをしようと思わない限り、6.5はいらないんじゃないかな〜と思って、6.5のDTKは入れてません。

Windows Mobile 6 Localized Emulator Images

Windows Mobile 6 SDKには、英語版のエミュレータが付属しています。
画面表示から何から、全部英語なので、日本語が使えるように、こっちも入れておきましょう。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-10-16 (土) 21:15:25 (3168d)