LPCXpresso購入1回目

今回は、秋月とマルツパーツ館です。

秋月電子

今回チョイスしたのは、LPC1769
スペックもいい感じで、色々機能ついて2500円。
プログラムメモリを512kバイト積んでいますが、開発環境の制限で128kしか今のところは使う予定がないので、ちょっと勿体無いかもしれませんが、結構みなさん使われているようですので、参考にしやすいというのも選んだ理由の一つです。

マルツパーツ館

LPCXpresso単体だと、あまり色々試せないので、組み合わせて使うためのベースボードを買いました。
MAPLE board[型名:MARM01-BASE]というやつで、LPCXpressoでお手軽に使えるのがいい感じです。

また、このベースボードですが、元々CQ出版の企画で作られた各種拡張基盤が接続できるようになっており、さらに組み合わせて色々遊べます。

今回は、GPSボードも一緒に買ってみました。

ベースボードが5980円、GPSボードが4980円とちょっとお高いですが、これだけでも結構遊べると思いますので、いい買い物だと思います。

あと、MAPLE board[型名:MARM01-BASE]は、5V 2A程度(外形5.5mm、内径2.1mm)のACアダプタが別途必要になります。
私の場合は、適当に余っていたものを使いましたが、手持ちにない方は、一緒に買っておくことをおすすめします。
SPS0502PCや、STD-05026U2あたりが使えるそうです。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-01-23 (水) 23:55:48 (2492d)